gumboyaya

アクセスカウンタ

zoom RSS レッド・ネックとボトル・ネックでダブル・ネックなのだ そして カーライルは何処に

<<   作成日時 : 2017/05/02 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月02日(火)です。
画像


0時前,妻があがってきたので娘の様子を聞いてみます。とりあえず病院から部屋には戻った様子。明日また病院で診察を受けるとのこと。

うだうだと3時。5時までねばって身繕い。体操。ピーチのお世話のつもり。納豆で朝食。台所の洗い物。
珍しく早く妻が起きてきます。一緒に6時半のラヂオ体操をします。9時過ぎに娘の勤務先に電話。その間に娘から電話。片頭痛との診断だけど薬を飲んでも痛みが止まらないとのこと。知恵熱だと思います。

妻が片付け物を始めたので,私は出来ることもなくインターネット検索。

Arlen Roth 先生のWネック・ギターは同じストラットなのに下側のネックがロングスケールなのは何故なのか探索。しかし判りませんでした。もちろんベースではありません。それにしてもよくそんな長い弦があったなぁ。テナー・ギターの弦を使ったのかしら。
画像


普通はこんな感じ。
画像


ジュニア・ブラウン先生は下はスティールになっています。
画像


下のスティールが斜めになっているものもありました。これは弾きやすそう。
画像

画像


ギブソンSGとフェンダー・テレキャスターのWネック。違和感がありません。
画像


三線のWネック。チューニングが違うものと想像されます。
画像


デタッチャブル式。そうまでしてWネックにする必要があるのかしら。
画像


こちらはマンドリンの下にデタッチャブル式のドローンを付けたものと思われます。
画像


ショートスケールのベースを追加。いかにもとって付けた感じが良いですね。
画像

思い出してみると私が1970年ころに使っていたベースもWネック。下はフレット付きでラウンド弦。上はフレットレスでフラット弦。必然性があるでしょ。

有名な先生の若かりしころ。誰だったけかなぁ。思い出せません。上はショートスケールで弾きやすそうです。
画像


裏表!
画像


これはどっちがドローンなのか分りません。
画像


もしかしたらと思って探してみると,ありました。ギターとキーボードのWネック(?)。
画像


こちらはデザイン的にはすっきり。
画像


なんとウクレレとトイピアノとカズーが一体化してしまいました。カズーはホースで伸ばさないと無理では?
画像


恰好は良いけれど弾きづらそうです。
画像


これはまた弾きづらそう。タップ専用かしら。
画像


チターを立てたと思えば良いのでしょう。
画像


ハーディー・ガーディーかと思ったら違う様です。どうやって演奏するのか判りません。
画像

画像


これはまぁ弾けそうです。けどネック落ちしそうです。
画像


各弦毎にカポタストが取り付けられる様です。
画像


これを使えば左手の指先が痛くならないのだそうです。
画像


これは弾きづらそうなヴァイオリン。
画像


トランペット・ヴァイオリンと云った感じですね。
画像


そうするとこちらはトロンボーン・セロ。
画像


電子発信式のセロの様です。
画像


ヴァイオリンのWネック? 弓も2本がくっついていて同時に弾けるのだそうです。
画像


おしい。このハープの枠の部分が管楽器になっていれば私の求める楽器なのに。
画像


和音の出る笛。
画像


なぜハープとトラクターを一体化してしまったのかしら。その思考運動会を知りたい。
画像


関係ないけど,検索の途中で出てきました。真ん中の〇はなんだったのかしら。
画像


ブルーグラスを1人で演奏出来る様子です。マンドリンが8弦ならもっと良かった。
画像




画像

http://www.monkeeslivealmanac.com/blog/nez-with-area-code-615
また勝手に写真をいただきました。ありがとうございます。それにしても誰が誰なのやら。

そしてまたマイク・ネスミス先生とエリア・コード615の先生方の「 Carlisle Wheeling 」の探索。資料では1968年12月にリリースと云うことになっているのですが,どうも納得出来ません。
http://crystalsphere1.blogspot.jp/2012/05/monkees-69-alternate-history.html
と云うのは,エリア・コード615の先生方はその68年ころはまだエリア・コード615とは名乗っていなかったからです。69年の彼らのLPリリース時に,えいやっと決めた名前なのです。だから69年以降のリリースのはず。

と云うことでDOTレコードの番号確認。
http://www.bsnpubs.com/dot/dote.html
DLP25861 には1968年「the Wichita Train Whistle Sings 」があります。少なくともこれ以降。
しかし「 Carlisle Wheeling 」は見つかりません。68年,69年で欠番となっている 25891, -914, 915, 919, 924, 931, 973 は探しても見つかりません。やれやれ。


代わりにボブ・ディラン先生の「 Theme Time Radio Hour 」でマイク先生関係のお話を発見。
http://www.themetimeradio.com/episode-37-musical-instruments/

http://www.themetimeradio.com/episode-45-trains/
「 train 」編は「the Wichita Train Whistle Sings 」にしてくれれば良かったのだけど,これは曲名ぢゃなから駄目かしら。

http://www.themetimeradio.com/episode-28-sleep/#more-101
「 sleep 」編ではリチャード・マニュエル先生のことにも触れられています。残念ながらMP3の聴取が出来ないなので細かいところは判りません(考えてみると英語は判らないので,たとえ聴取出来たって判らないのは同じなのでした)。


16時。妻がエステから帰ってきたので,北柏駅前まで車で往復。昨日のブレザーの袖釦はきれいに直っていました。さすがです。

18時前。娘が帰ってきました。例によって事前連絡はなし。こんなことで世間を渡っていけるのかしら。そして妻にテルミー温熱治療をしてもらっています。私と違ってやさしく丁寧にかけてあげている様です。うらやましい。
その間に「 yellow roses 」のお稽古。ハンク・スノウ先生はなんとAbと云うキーで唄っている様です。これはなんとも弾きづらいのでギターのチューニングを変えてAフォームで弾くことにします。ライ・クーダー先生とギャビ・パヒヌイ先生の真似をしようと思ったら,あんなに簡単な曲なのに全く出来ないのでした。

19時。シャワーを浴びます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッド・ネックとボトル・ネックでダブル・ネックなのだ そして カーライルは何処に gumboyaya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる